札幌で活動している演劇ユニット カラフルホリデーのブログです。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

colorfulholiday

Author:colorfulholiday
札幌で活動している演劇ユニット カラフルホリデーのブログです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グッバイ、マイ グルービーデイズ」

カラホリは、第四回公演のあと、さらに公演が決定しております。

演劇ユニット カラフルホリデー
EX公演 ボクラノニジイロ

「グッバイ、マイ グルービーデイズ」

3/3~3/5まで計4ステージ予定
サンピアザ劇場にて

行います!

この公演がEX公演となっているのは、カラフルホリデー主催のもと、北海道内の様々な大学生の方々、またサンピアザ劇場さんのご協力のもと公演を行うためです。

色々な方々との協力のもと行う公演ですので今までになかった体系とはなっておりますが、単独公演とは違った熱い、面白い公演に致しますので、第四回公演「ムーンライトラズベリー」とともに、こちらの方もご来場いただければと思っております。
よろしくお願いいたします。

演劇ユニットカラフルホリデー代表
成瀬智晶

Twitter @colorful_ex ハッシュタグは#マイホリ

スポンサーサイト

ムーンライト ラズベリー

カラホリ、次回公演詳細です!!


演劇ユニット カラフルホリデー
第四回公演 ツナゲルイエロー

「ムーンライト ラズベリー」

約束を守ったら、約束を破ってしまった。

レンは、幼馴染のハルと冗談半分で「なにが起こっても君を守る」と約束をした。すると帰り道、本当に交通事故からハルをかばい、レンは死んでしまった。ユーレイになってしまったレンは、病院で目を怪我してはいたが、無事だったハルを見て「よかった」と言う。その声がなぜか届き、ハルはレンが生きていると勘違いしてしまう…。これは、約束をもう一度結び直す時間の物語。

11/22 19:00
11/23 13:00/ 17:00

大人 1500円
学生 1000円
※当日は+200円

演劇専用小劇場BLOCHにて

[作・演出]
成瀬智晶

[出演]
横山貴之(北海学園大学演劇研究会)
東千智(劇団しろちゃん)
山科連太郎(きっとろんどん)
サイトータツミチ(劇団ルート1/dafftest)
森舞子
東山健太
土野由樹恵(Team Two DOOR)
久保章太(演劇集団空の魚/きっとろんどん)
木下望(劇団しろちゃん)
ヨシダレオ(dafftest)

[取扱い]
カルテットオンライン

[ご予約・お問合せ]
Mail colorfulholiday.unit@gmail.com
Tel 090-6877-6908(ノザワ)
Twitter @Unit_colorful ハッシュタグは#月ホリにて

ロンリー「それを魔法と呼ぶのなら」終演いたしました!!

先日になりますが、勝手にカラフルホリデー第三回公演ハカナイトウメイ

「それを魔法と呼ぶのなら」

終演いたしました。

今回はロンリーアクタープロジェクトということで、演者が一人というシビアな状況で脚本をどう書くか、かなり悩みました。僕は演劇で「ドラマ」というものを重視して書いているのですが、「ドラマ」には最低でも、二人以上登場人物が必要なんです。一人では考えが堂々巡りして、主人公が最後で成長できない、もしくはできてもそれを見せにくいのです。

そしていろいろ考えた結果。

「…なら逆に、見えないもう一人を出しちゃえばいいじゃん。」という発想から、今回のように幽霊を出して芝居を展開させていく、という筋書きにしました。

しかしまだ問題はありまして、それは幽霊との対話方法でした。例えば声を録音して加工して「ワァタァシワァ…ユウレイダァァ」みたいに実際に音声を流して会話しちゃうっていう手もありますが、(いろいろ)気持ち悪いので却下。会話しないってのも考えましたが、そうなると本末転倒。ということで机を叩く、「こつん」、という音で会話することにしました。

その後とあるお芝居を見て、音楽ってこういう使い方もあるのか…と思ったことがあり、主人公の設定をバツイチに固めていたこともあって元妻のところに行った娘が残して言ったトイピアノを捨てられず持ち込んでいて、それを弾いて会話させるという手段になりました。

そして最後はやはり別れがなければ…ということで成仏シーン。(稽古場ではそう呼んでいました。) お客様の中にはこのシーンで涙を流してくださったかたもいらっしゃったようで、ありがたい話です。

今回、本番も終わっていろいろ課題もできましたが、いい公演になりました。

この作品でカラフルホリデーに興味を持っていただければ幸いです。

最後に、サイトータツミチさん、劇中楽曲制作に協力してくれたマツダ、舞台袖で道具受け渡し等してくれたサカイに感謝。

そして、お客様にも、感謝です。

成瀬智晶(ナルセトモキ)

ちなみにですが

ちなみに、ですが
カラフルホリデーでは、各公演ごとに公演をモチーフにした全体タイトルをつけております。

第一回公演 [you make in white?] (ユメクイホワイト)

この時は導入と短編3本のオムニバスでしたので、公演全体のタイトルがこのユメクイホワイトというものでした。
表記は[you make in white?]として、ダジャレ的にこれを無理やりユメクイホワイトと読ませてました。(劇中でも「you make in white?」と聞いて「ユメクイホワイト?」と聞き間違えるという部分もあったり)

ともかく、ここから『日本語』+『公演に沿ったテーマカラー』という、全体タイトルの付け方が個人的にいいなぁと思いまして_

第二回公演 トキメキブルー  ←公演タイトル
『LOOP FICTION』         ←作品タイトル
『パステルと雨』          ←作品タイトル

ややこしいかもしれませんが、こういう風になっております。そして今回は

第三回公演 ハカナイトウメイ
『それを魔法と呼ぶのなら』

となっております。
透明は色なのか…?というツッコミもあるかもしれませんが、実際、作品を見ていただければなぜ透明かがわかると思います。
ぜひ、3/11.12はBLOCHに足をお運びください!!!

ロンリーアクタープロジェクト!!!

1月15、16日に第二回公演を終えたカラフルホリデーですが、またお芝居やります!!

演劇小劇場BLOCHさんが定期的に行っているロンリーアクタープロジェクトに、カラフルホリデーが参加することになりました!
そこで、我々は勝手に第三回公演と銘打ちまして、どんどん宣伝してまいります。
出演は第二回公演トキメキブルー 『LOOP FICTION』にてリンドウを演じてくださったサイトータツミチさんです!



BLOCHのひとり芝居フェス
LONELY ACTOR PROJECT vol.23

(勝手に)第三回公演 ハカナイトウメイ

『それを魔法と呼ぶのなら』
脚本演出 成瀬智晶
出演 サイトータツミチ(劇団ルート1/dafftest)

≪あらすじ≫
「できればあんたと、生きているうちに出会いたかったよ…」
引っ越しを終えた雪村薫は、その家に女の幽霊が居着いていることに気づく。
最初は彼女を恐れる雪村だが、時間が経つと共にその生活に慣れ始める。
奇妙なふたり暮らしの中で、彼は彼女が死んでしまった理由を知って…。

≪他出演者≫
森舞子(anemoiventi)
野澤麻未(MuDream)
魂魄そうる

≪日時≫ 
3/11(金) 20:00 / 3/12(土) 13:00~

≪料金≫
前売り
一般 1700円
学生、U-23 1300円
高校生 無料招待数枚あり(12日のみ)
中学生 600円
※当日は+300円(中学生除く)
※無料招待券は011-251-0036(BLOCH)もしくはt@bloch-web.netまで

≪場所≫
演劇小劇場BLOCH
(北海道札幌市中央区北3条東5丁目5 地下鉄東西線「バスセンター前駅」8番出口を出て徒歩8分、JR「札幌駅」南口を出て徒歩10分)




ご予約はメール、TwitterへのDM、リプなどで受付けております!
稽古が開始しましたらがんがんTwitterなどでも稽古風景をアップしていきますので、そちらもぜひご覧ください!

mail → colorfulholiday.unit@gmail.com
Twitter → @Unit_colorful

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。